前田壮一の行動経済学入門

経済学と心理学の中間に位置すると言われる行動経済学について前田壮一がしっかりと学んでいきたいと思います。

ヒューリスティック

人は正確な情報が得られない時、自分の経験や直感に頼って意思決定をしていることがあり、このことを行動経済学ではヒューリスティックといいます。




例えば、交通事故で死ぬ確率と胃がんで死ぬ確率、どちらのほうが高いと思いますか?


実はこれ、胃がんで死ぬ確率のほうが高いのですが、なぜかほとんどの人が交通事故での死のほうが高いと感じるのだそうです。


これはTVや新聞で交通事故の情報を得ることが多いということもありますが、日常生活で車を見かけないことなんてほとんどありませんから、身近に感じてしまい、死ぬ確率を高めにみてしまうのではないでしょう。


このことを「利用可能性ヒューリスティック」といって、物事の意思決定を下す際に、頭に浮かんできやすい事柄を優先して判断するという傾向が出ています。
まぁ、「車」と「ガン」であれば、どうしても車のほうが頭に浮かんできますからね。


また、代表性ヒューリスティックというものがあって、これは、ある出来事を考える時、その出来事に関して典型的な特徴を持つ内容に対する確率を過大に評価してしまうというもので、よくある解説では「リンダ問題」というもので説明されています。


どのような問題かというと「リンダという聡明で人権問題や反核デモにも参加した経験のある女性」についての想像問題で、下のような選択肢が用意されています。

  1. リンダは銀行員です。
  2. リンダは銀行員で、女性解放運動にも参加している。

さて、どちらを選びましたか?


実は、これ「リンダは銀行員」までは同じで、あとは「女性解放運動」に参加しているかどうかだけの違いです。


しかし、選択肢の前に「リンダという聡明で人権問題や反核デモにも参加した経験のある女性」という情報があり、その文言に囚われて、「2」を選んでしまうのだそうです。


でも、よく考えてみてください。


「銀行員のリンダ」は、人権問題や反核デモに参加したというだけで「女性解放運動にまで参加している」であろう確率はかなり低いですし、そもそも「正しい」確率を取るなら、ともに「銀行員である」という事実は同じなのですから、本来であれば「1」を選択しておけば、間違いはないのです。


にも関わらず、参加したかどうかもわからない「女性解放運動」に参加したかもしれないという不確定な確率の選択肢を選んでしまうのです。
不思議ですよね。


見方によれば「推測」によって、正しい情報を導き出そうという力が働いているのかもしれませんが、確実性が欠落しており、間違った方向へと突き進むという誤った判断をしているんですよね。


このように行動経済学には、数学や文献だけでは証明できない、人間特有の不思議な判断を説明しようとする面白さがあります。