前田壮一の行動経済学入門

経済学と心理学の中間に位置すると言われる行動経済学について前田壮一がしっかりと学んでいきたいと思います。

振り込んでしまう心理

振込詐欺って、なんで払ってしまうのだろう??
ニュースなどを見ていると、絶対に感じる思いですよね。


しかし、詐欺をする人間は人間の心理を読み人の弱さにつけこんでくるのが上手なんですよね。


よくある手口として、最初に高額の金額を要求しています。
例えば「400万円払え」などと要求されたとしましょう。
ところがそんな大金払えるわけがありませんし、被害者は「そんな大金は払えない」と突っぱねます。


しかし、その後やり取りのあった後「払えないなら仕方ないから、示談金として10万円で済ましてやる」などと話をされると、なぜか払ってしまうというようなケースがあるのだそうです。


これは最初に要求された金額「400万円」の支払いが参照基準点となり、10万円の支払いはマシに思えてくるのだそうです。


不思議ですよね。
もともとが一切関係のない支払いにもかかわらず、400万円の損出だったものが10万円で済むという、わけのわからないお得感によって支払ってしまうなんて本当に馬鹿げてしまいます。


しかしこれは、客観的にストーリを追いかけているから、そのように思うわけで、実際に自分の身に起こった場合、残念ながら「損しているのに得した気分」になってしまう人もいるのだそうです。


本当に恐ろしいものです。

損失を嫌がるために大損してしまう

人は、誰しも損失を回避したいという傾向があります。


まぁ、当然といえば当然ですよね。
はじめから損したいなんて思っている人がいるわけありませんし、そんな人がいたら、紹介してほしいくらいです。




人は無意識に「得することよりも損すること」を避けようとするのですが、これを行動経済学では「損失回避性」といいます。


さて、ここで問題なのですが、


50%の確率で1万円貰えるのですが、50%の確率で1万円払わなければならないというゲームがあったとして、あなたなら、このゲームをやりますか?


1万円という金額を貰うか、支払うかのゲームなのですが、恐らく大抵の人は「やらない」のではないでしょうか?


1万円という金額を貰うか、支払うかの期待値は±0なので、数字的には「参加しても参加しなくても、どちらでも良い」という結論になるのですが、これが人間の場合、簡単には割り切れないところがあります。


というのも、1万円を失うかもしれないという恐怖が、1万円を貰えるというプラス感情よりも意識されてしまうため、躊躇してしまうのです。


このゲームを「やるか」「やらないか」の比率をほぼ同じにするためには、先の金額の比率を変える必要があって、50%の確率で1万円が貰える、50%の確率で4千円を失うという条件になって初めて同じくらいの比率になるのだそうです。


というのも、人が損失に対する感度は、利益を得る場合の2.5倍ぐらいなのだそうで、それほど損をすること対する恐怖が大きいのです。


まぁ、こればっかりは数字上での計算だけではなく、損得が絡んでくることですから、よほどのお馬鹿さんじゃない限り、極力損をしない方向を選んでしまいますよね。


まぁ、仮に気軽に考え、ゲームを行ったとしても、1万円損したときには、必ず「やらなければ良かった」「なんでやってしまったんだろう・・。」という後悔が襲ってくるはずですから。




最後通牒ゲーム

登場人物は、あなたと友達です。


ある人から「10万円をあげるので、友達とわけあってください。」
「友達には「あなたに10万円をあげたこと」を知らせてあります。その中で友達に分ける金額をあなたが決めてください。」
「その金額に友達が納得したら、それぞれがお金を受け取ることができるのですが、あなたの決めた金額に友達が納得できなければ、二人共お金を受け取ることができません。」




これは「最後通牒ゲーム」といって、お金を貰った人が、お金を分ける人に渡すお金の金額を決め、お金を分けられる人がその金額を受け取るか、受け取らないかを決めるというゲームなのですが、なかなか面白いですよね。


多くの人は、3万~5万円という額で配分するようで、面白いことに「5万円」だった場合は100%の人が納得してお金を受け取るようですけど、なんと5万以上のお金の配分を受け取れるような場合に、数%の人が受け取りを拒否したのだそうです!!!1


これはちょっと驚きですね。
受け取る額が少ない時に、受取拒否するのはわかるのですけど、多く貰うのに拒否する人がいるなんて!!!!


やはり世の中、公平が1番なのでしょうね。