行動経済学入門

経済学と心理学の中間に位置すると言われる行動経済学についてしっかりと学んでいきたいと思います。

こども行動経済学 なぜ行動経済学が必要なのかがわかる本

人間の思考のクセを知れば、かしこく行動できる人になれる!

新刊「こども行動経済学 なぜ行動経済学が必要なのかがわかる本」(犬飼佳吾 監修、バウンド 著)が2022年7月15日に発売されました。


行動経済学は、人間が合理的には行動しないことに着目し、従来の経済学ではうまく説明できなかったことを心理学の要素も加えながら人間の行動を観察することで捉えようとする、より実践的な経済学で、損得についてきちんと考え、合理的な行動を選択できる力を育みます。
その考え方はさまざま場面で応用することができ「こどもシリーズ」は、家庭内コミュニケーションを推進することを目的とし、日常生活からの事例を交えるなど、親子が会話をするきっかけとなるテーマを吟味しています。


こどもをこども扱いせずに、対等に話し合える環境を大人がつくることも大切な家庭教育です。

「はじめに」より

よりよい選択ができる「選択の達人」になろう!
自分の人生や社会をよりよいものにしよう!


私たちは日々、とてもたくさんの選択をしています。どんな服を着るか、何を食べるか、ゲームをするかそれとも勉強をするか、といったように比較的小さな選択もあれば、ときには人生を左右するような重大な選択もあるでしょう。一つひとつの選択が小さなものであれ大きなものであれ、選択を積み重ねることで、あなたという人間が形づくられているともいえます。


行動経済学は、人々がどんな選択をするのか、選択するときにどんなことを考えているのかを調べて研究する学問です。選択を研究するとはどういったことでしょうか。行動経済学ではおもに2つの考え方にもとづいて選択に関する研究を行います。


ひとつめの考え方は、正しい選択とは何かを考えることです。どんな人であっても間違いのない正しい選択をしたいと望むでしょう。行動経済学では、合理的な人間であればどういった選択をするかという経済学的な考え方をもとに正しい選択とは何かを考えます。


ふたつめの考え方は、観察や実験を通じて、人がどんな選択をするのかを調べることです。私たちは、いつも正しい選択ができるわけではありません。誘惑に負けたり、適当に考えて選択してしまうこともしばしばあります。このように、私たち人間が持っている選択のクセにはどういった特徴があるのかを調べることも行動経済学の研究のテーマです。


では、行動経済学を学ぶとどんなよいことがあるでしょうか。行動経済学をじっくり学ぶと選択の達人へと近づくことができるでしょう。人はだれしも正しくてよい選択をしたいものです。重大な決断をするときは、友達や両親、先生に相談しますよね。インターネットを使っていろんな情報を収集することもあるでしょう。


でも、いろいろな意見を聞いてみたり情報収集をしてみると、選択に関する情報が多すぎてかえってどれがよい選択なのかわからなくなってしまうこともあります。そうしたとき、行動経済学の考え方を使うと目の前の情報が整理され、よい選択をするための手かがりを得られるでしょう。人生は選択の連続ですから、行動経済学を学び、選択の達人になることで、みなさんの人生がより豊かなものになるかもしれません。


ここまでは自分の選択をよいものにするために、行動経済学を使ってみることを考えてみました。ここでもう少し視野を広げて、私たちが暮らす社会のことを考えてみましょう。


行動経済学を使うと友人や周りの人々がよい選択をできるようなお手伝いができるかもしれません。行動経済学で人々の選択や行動をよりよいものにするためのサポートをすることも研究されています。自分のことだけでなくて、みなさんが生活する社会をよくするためにはどんなことが必要かを思いめぐらしてみることは、難かしいけれどもとても大切なことです。


今、私たちが暮らす社会はものすごい速さで変化しています。このような変化のなかで、自分と社会にとってよい選択がどんなものかを考えることは、みなさん自身の人生だけでなく、私たちが暮らしている社会をよりよいものにするきっかけになると思います。


この本を手に取ったという選択が、あなたの人生をよりよいものにしたり、よりよい社会を考えるきっかけになってほしいという願いを込めて、この本をみなさんに届けたいと思います。


あなたを変える行動経済学

行動経済学の第一人者が、身近な話題からわかりやすく解説する行動経済学入門。

行動経済学の「ナッジ」を使って仕事や生活でよりよい決断ができる!行動経済学をどのように活かしていけば良いかを豊富な実例とともに紹介しています。

悩み多き若者たち

人生に悩みはつきもので、悩みにはさまざまなレベルがあります。
朝、何を着て出かけようか、昼ごはんには何を食べようか、という日常の小さな決断でも悩み、就職、転職、結婚という人生にとって大きな決断で悩むこともあります。


自動車や住宅という高額の買い物で悩む人も多いでしょう。


私たちが悩むのは、どちらの選択肢も同じように魅力的だからで、人生の選択肢が無限に多い若者は、とりわけ悩みが多いと思いのですが、同じように魅力的に見える選択肢は、行動経済学的に考えてみると、認知や意思決定の歪み(バイアス)のためなのかもしれません。


私は、大手大学受験予備校である東進ハイスクールのウェブサイト上の「悩み相談Q&A」で回答を担当したことがあり、その際に感じたのは、行動経済学の視点で考えると、高校生はそれほど悩まなくてもいいことを悩んでいるのではないかということ。


そこで、まずは、「悩み相談Q&A」で受けた三つの相談と回答を紹介します。


「やる気」を出すための「70の法則」

【悩み1】
「危機感」を持てないのが悩みです。あまりの危機感のなさに、親からは「想像力が足りない」と言われるくらいです。リスクの想像は恐ろしくなるほどしているつもりですが、なぜか何とかなると思ってしまう自分がいるのが原因だと思います。どうすれば危機感を持てるようになるでしょうか。(高3男子)


誰でも遠い将来のことよりも、今のことを重視します。また、第3章で説明するように、将来のために我慢強い計画を立てても、今の誘惑に負けて、計画を先延ばしすることも多いものです。例えば、夏休みの宿題を思い出してください。夏休みが始まる前は、夏休みが始まったらすぐに宿題を仕上げて、思う存分遊ぼうと計画していたのではないでしょうか。しかし、夏休みが始まると、毎日先延ばしして、最終日に慌てて宿題に取り組んだという経験を持っていませんか。将来の計画を実現するためには、将来のことをきちんと考えることがまず必要です。


しかし、それだけではだめです。将来のことを考えることはできても、それを実現するために今何をすべきか、という具体的なことを考えて、それを実行するということが必要です。危機感が持てないというのは、この二つが十分にできていないのだと思います。


では、どうすればいいのでしょうか。


第一に、将来のことを考えることです。もし、今のままの状態が続けば、3か月後、半年後そして1年後の自分はどうなるか、考えてみてください。そのまま延長して、10年後の自分を考えてみてください。勉強しないなら、目標とする大学に合格できないでしょう。大学に合格できない場合は、どんな生活をしているでしょうか。逆に、成功した自分を思い浮かべてください。成功した自分は、その前の年には何をしていたかを想像してみてください。そうやって、遡さかのぼって行けば、今自分は何をしないとだめかが分かると思います。


第二に、今やるべきことが分かったら、それを守らないとだめなように自分の計画を書き出して、公言していくことです。


そうは言われても、まだまだ他にしたいことが多すぎて、なかなか勉強する気が出ないというのも分かります。そこで、頭に入れておいてほしいのが「70の法則」です。


これは、複利の考え方を分かりやすくしたものです。複利でお金を借りてそのまま返さなかったとき、元利合計がもとの2倍になるのに何年かかるかを示す法則で、70を借りた金利で割ると2倍になる年数が計算できます。例えば、5%の金利でお金を借りた場合、70÷5=14ですから、2倍になるのは14年後です。


さて、これが分かると、前の日よりも毎日1%だけ成長すれば1年後にどのくらい成長できるかを計算できます。70÷1=70ですから、あなたが毎日1%ずつ成長すると70日後にあなたの実力は今の2倍になります。140日後には4倍、210日後には8倍、280日後には16倍、350日後には32倍になるのです。


つまり、毎日たった1%ずつ成長を続けるだけで、実力は1年で今の32倍になります。しかし、1日に0%の成長だと1年経ってもあなたの実力は今のままです。ということは、毎日1%成長の努力をした人と努力をしないあなたの実力は、1年後には32倍も差がつくことになります。


これでもあなたは危機感を感じませんか?

サンクコストを理解し、行動を変えていこう

【悩み2】
部活で思うような結果が残せず引退してしまい、悔しくてなかなか勉強に切り替えられません。チームメイトと過ごす時間も激減し、とても寂しいです。これは時間が解決してくれるでしょうか?(高3男子)


3年間の部活での努力が思うように実らなかったのは、さぞ悔しいことだと思います。今までの努力が無駄になってしまうのが残念で、それが気になって勉強ができないということもあるのではないでしょうか。努力の成果を得るために、もっと続けたいという気持ちは誰にでもあります。元を取りたいという気持ちですね。これまでこれだけやったのだから、今やめてしまうのはもったいない。悔しい気持ちはよく分かりますが、冷静に考えてみましょう。


仮に部活を引退せずにいたところで、努力したことの元は取れるのでしょうか。成功するには努力しないとだめですが、努力したからといって、必ず成功するわけではありません。そういう意味では、過去のことを振り返ってもしかたがないのです。一度支払ってしまった費用や使ってしまった時間で、もう取り戻せないもののことを経済学では埋没費用(サンクコスト)と呼びます。


例えば、映画館に入るために支払った費用は、一度映画館に入ってしまえば、払い戻してもらえません。映画のチケット代は映画館に入った段階でサンクコストになります。そうすると、その後、映画を見ても見なくても、チケット代が返ってこないことは同じなので、もう元を取るということを考えても仕方がないのです。ということは、その映画が面白そうだったら最後まで見ればいいし、つまらなそうだったら元を取ろうと思わずに映画を見るのをやめるべきです。でも、それはなかなかできないものです。しかし、サンクコストという言葉を思い出すと、元を取ろうとすることが無駄だ、と気がついて行動を変えることができるのではないでしょうか。


慶應義塾の創設者で一万円札に肖像が使われている福沢諭吉をご存じでしょう。第1章で具体的に触れますが、彼は大阪の適塾でオランダ語を数年間、死に物狂いで勉強しました。ところが、横浜港が開港して横浜に行ってみて、衝撃を受けます。オランダ語が全く通じないのです。英語が話されていたからです。当時の蘭学者は、これからは英語が必要だと分かっていましたが、必死で勉強した蘭学が全く役に立たないから、英語を勉強するのは、努力を捨てさることになり、努力が無駄になるので、辛い思いをしたそうです。


しかし、福沢諭吉は英語を勉強し始めました。そこで、分かったことは、オランダ語と英語の文法は似ていて、意外に楽に英語を勉強できたということです。つまり、オランダ語の勉強は、完全にはサンクコストではなく、英語の勉強に役立ったのです。


同じことは、受験勉強にも言えます。部活で培われた体力や忍耐力は、受験勉強を進める上で、十分に役に立つはずです。つまり、二つのことが大事です。


第一に、過去のことはもう変えられないのだから、過去にこうすればよかったということは考えず、これから変えられる将来のことだけに集中することです。つまり、前を向いて、サンクコストは忘れることです。若いのですから、過去よりも将来のほうがずっと長いのです。


第二に、新しいことをすると、今までやってきたことが無駄になると思いがちですが、意外に今までの努力が新しいことにも役に立つものです。ぐずぐず考えるのではなく、前を向いてとにかくやってみることが何よりも大事です。

本当に二者択一? 自分の24時間を振り返ってみて

【悩み3】
好きな人がいるのですが、告白すべきなのか勉強を優先すべきなのか分かりません。どちらをとればいいのでしょうか。(高1男子)


告白することと勉強が二者択一かということをよく考えてみましょう。告白したら勉強ができなくなるのでしょうか。あなたの勉強に対する気持ちがそんなに弱いのであれば、相手の人も好きになってくれないでしょう。彼女にとってみれば、そんなあなたと付き合うことのリスクは大きすぎます。恋愛すると勉強も仕事もできなくなるのであれば、生活そのものができないですね。


これは何にでも言えます。部活をすれば勉強ができないのでしょうか。限られた時間をどうやって使っていくかを考えていくことはとても大事なことです。何かを優先すれば、何かを犠牲にするというのは当然です。私たちは毎日24時間という限られた時間を生きているのです。


しかし、毎日24時間あるというのも事実です。一つのことだけをするのには、あり余る時間です。時間を有効に活用して、さまざまなことにチャレンジしていくことが必要です。自分の時間の使い方をよく考えてみてください。ぼーっとテレビを見ていたり、漫画を読んでいたり、インターネットをしていたりする時間は、どのくらいあるでしょうか。あなたは、すべての時間を勉強に使っているのでしょうか。無駄な時間が誰にでもあるに違いありません。


時間が足りなくなったら、集中して短時間で勉強を仕上げていくこともできます。そういうことをしていますか? そこまで努力をしていてもどうしても時間がないということでしたら、勉強以外のことはやめたほうがいいです。しかし、本当に集中して勉強していますか? 無駄な時間を過ごしていませんか? もう一度よく考えてみませんか。

本書の構成

いずれも高校生らしい悩みだと思います。私の回答が高校生にどれだけ説得的だったのかは分かりませんが、高校生の悩みに答える際には、自分の頭を整理する必要がありました。


また、そもそも大学教員が高校生をはじめとする若い世代に向けて文章を書くこと自体、なかなか難しいことです。彼ら、彼女たちの関心がどこにあるのか、どのように表現すれば理解してもらえるのかがなかなか分からないからです。


幸い、私は早稲田塾という大学受験予備校で133人の高校生を相手に、夏休みに行動経済学のオンライン連続講義をさせていただく機会がありました。この連続講義では、事前に課題図書(拙著『行動経済学の使い方』岩波新書)を読んでもらうとともに、高校生からの質問や彼らの様子をパソコンの画面で見ながら、説明を工夫するということを行いました。


本書は、そのときの講義をもとにつくられたもので、若い世代を念頭に、行動経済学の考え方とその応用例を解説しています。できるだけ整理した形で、しかもライブ感を持った本になっていると思います。


まず、序章では、私たちの直感的意思決定が合理的な意思決定からずれてしまうことの例を紹介します。続いて、第1章では、合理的意思決定からのずれが経済的な意思決定で生じやすいことをサンクコストという概念を使って紹介します。サンクコストをよく理解できれば、人生での悩みもずいぶん減ると思います。なんとか損を避けたいという気持ちも悩みをもたらす原因です。


第2章では、損を避けたい気持ちがバイアスをもたらすことを説明します。人生で後悔することが多いのは、どうしてあのとき先延ばししたのかということです。先延ばしをする原因について第3章で説明します。先延ばしの対策には、積極的な意思決定をしなくてもいい状況(デフォルト)をあらかじめつくっておくことが有効です。


第4章では、デフォルトを利用した例を紹介します。私たちは、周囲の人がどのような行動をしているかという社会規範の影響を大きく受けます。そのような社会規範の影響について第5章で解説します。


第6章では、行動経済学を応用してよりよい意思決定をもたらすためにナッジという考え方を紹介します。第7章では、仕事や勉強に行動経済学を応用する具体例を説明します。



行動経済学「2割の壁」

2016年4月に家庭を含めた電力小売りの全面自由化が始まってから6年が経ち、2017年にはガス小売りの全面自由化も始まったことから、電力・ガスのセット割も登場したのですが、その割に低圧需要家の新電力会社への乗り換え率は21%にとどまるのだそうです。



行動経済学では「2割の壁」という言葉があり、最初に新しもの好きの2割が先行して行動を起こすのですが、やがて後続が絶えていくのですが、どうやら電力自由化も同じ壁に直面しているようです。


というのも日本の電力改革を想定外の試練が襲い、21年冬に寒波で電力需要が増加したところに、液化天然ガス(LNG)の在庫枯渇による電力供給力の低下が重なり、卸電力市場のスポット価格が高騰、一時1キロワット時250円を超え、逆ざやで損失を被った新電力の撤退が相次ぎ、市場連動型メニューの需要家に対しては高額な料金が請求されてしまいました。


落ち着きを取り戻しているとはいえ、危機の背景には石炭火力の休廃止、原発の運転停止、再生可能エネルギー発電の出力変動という構造的要因があり、今後も繰り返し深刻な電力危機に襲われる可能性が高く、ロシアがウクライナに侵攻したことも影響し、ここのところ数か月ごとに公共料金は上がってきています。


電力全面自由化は、電力選択の自由を全ての国民に保証し、新旧電力が需要家ニーズに沿った多様なメニューを提供し、節電を促すデマンドレスポンス(需給調整)を実現し、かつ電力以外のサービスと融合した付加価値を実現するという狙いがあったのですが、近年の電力危機により当初の狙いは果たされないままとなっています。